カバノアナタケ的生活>カバノアナタケの裏話

私がなぜこんなに知識が多いかというと、近所にいつもカバノアナタケを格安で売ってくれる方がいてその方とも親しくさせていただき、そして自分も利用しているうちに博士級に詳しくなってしまいました。その方が教えてくれたカバノアナタケの裏話をお教えします。

カバノアナタケって?
カバノアナタケの医学会における位置
カバノアナタケの成分
カバノアナタケの裏話
私的カバノアナタケの購入ポイント
カバノアナタケ効果実例
リンク集

スポンサードリンク

【あの人も飲んでいた】

ダウンタウンのテレビ番組にて、サッチーの旦那さんこと、野村監督がなんとカバノアナタケ茶を飲んでいる事を告白していました。
硬いカバノアナタケの塊をセッセと砕いているそうです。
さすがはID野球。カバノアナタケで頭も冴えまくっていたのか〜。

【粉末状の恐怖】

ヤクザが販売しているカバノアナタケは粉末状にして木屑などを混入して売っているそうです。(ヤクザだけとは限りません。)それとカバノアナタケの栄養素が一番豊富な菌核部分であるかどうかもわかりませんしね。だから私は原型が売っているサイトから買うようにしています。

【カバノアナタケ産地選び】

カバノアナタケは温度差の違いにより生育状況が違うそうです。関東などの山岳地帯でも生育していますが関東より北海道。北海道よりロシアなどのカバノアナタケの方がよく育っているそうです。ロシアのウラル山脈より向こう側の食べ物は必ず輸入の際に重金属の検査をするそうです。ウラル山脈の向こうからわざわざ輸送すると輸送コストも発生するしそんな所からわざわざ運ぶ業者は少ないでしょう。最高の産地をここから考えるとサハリン産が栄養素が豊富で安全という事になります。

【北海道産の罠】

私の知り合いはヤクザを目の仇にしているのでしょうか?なんでしょう・・・。ヤクザはロシアから密輸したカバノアナタケを北海道産と言って販売しているそうです。北海道産と言う事で輸入の際の各種証明書も必要なくなりますしね。また北海道産はもう殆ど採取できないそうです。結論的に商品の数はロシア産の方が多いはずなのに北海道産を販売している所が多くなるという結果になりますね。基本的に放射能汚染が考えられるウクライナ地方は有名な穀倉地帯であり、気温も温暖です。よってカバノアナタケの生えている数も少ないので北海道産と言って販売している業者が自分たちの利益を上げる為に流したデマだと思われます。それに国内産が良いとされる食品類ですがカバノアナタケの場合温度差も関係し結局はロシア産の方が高級という事になります。

【密輸品の横行】

先日、新聞でカバノアナタケを密輸しようとしていた人が捕まったと書いてありました。その道の人に聞いたところ正規の輸入品には証明書があるそうです。ロシアからの輸入品は重金属の検査を検疫所などで行わなければならない場合も一部あるそうです。そしてその検査に通ったものだけが輸入できるそうです。。よって密輸品はそれらの検査もしていないものとなりますのでちょっと気分が悪いですね。

【オークションの恐怖】

先日、某オークションにてこんなカバノアナタケが売っていました。『カバノアナタケ1kg5,000円』
商品をよく見てみるとそれはカバノアナタケの子実体の部分(薄茶色の部分)でカバノアナタケは黒く焦げたような部分の方が多く栄養素が入っています。多分知らない人は安さに飛びつくのだろうなと思って見ていました。


スポンサードリンク