カバノアナタケ的生活>カバノアナタケの成分

カバノアナタケには一体どんな秘密が隠されているのでしょう。

カバノアナタケって?
カバノアナタケの医学会における位置
カバノアナタケの成分
カバノアナタケの裏話
私的カバノアナタケの購入ポイント
カバノアナタケ効果実例
リンク集

スポンサードリンク

カバノアナタケに含まれる主要成分は下記の通りです。

たんぱく質、脂質、灰分、食物繊維、糖質、エルゴステロール、ビタミン類、ミネラル類、フラボノイド、トリテルペノイド、アルカノイド、プテリン、アガリチン酸、イノシトール、サポニン、他

カバノアナタケの特徴的成分

【糖質】
βグルガン

βグルガンはキノコに含まれる抗癌性のある多糖類の1つで同じ種類にβ-Dグルガンがあります。β-Dグルガンもカバノアナタケには含まれる。β-Dグルガンには抗腫瘍活性などもある。

【食物繊維】
水溶性リグニン

リグニンという食物繊維は本来不溶性のものであり、キノコ類に含まれる菌により水溶性となり、細胞内に浸透しやすくなった食物繊維でこの珍しい食物繊維がカバノアナタケには含まれおり、ウィルスの抗体のマクロファージを活性化します。実験により抗エイズ作用が期待され、抗エイズ薬として特許も申請中です。

βカロテン

にんじんやほうれん草、モロヘイヤなどに多く含まれる食物繊維。体内で必要に応じてビタミンAに変わる優れもの。ビタミンAに変換されないベータカロテンは人間の万病の素となる活性酸素を除去する働きがあります。

【ビタミン】
ビタミンA

緑黄色野菜に多く含まれるビタミンで視覚関係や胃腸・器官支などの粘膜の正常化、また皮膚関連の病気にも作用します。

ビタミンD2

カバノアナタケに含まれるエルゴステロール(エルゴステリン)はビタミンD2に変わり、ビタミンAの吸収を促進したり、カルシウム補給に役立っています。キノコ類に多く含まれています。

【フラボノイド】

玉ねぎ、ブロッコリーなどに多く含まれる成分で強力な活性酸素除去効果を発揮します。

【イノシトール】

ビタミンB群の仲間。脂肪の流れを良くし、コレステロール対策になります。よって動脈硬化などにも。オレンジなどにも含まれています。

【サポニン】

サポニンは医療の現場でも抗脂血症、動脈硬化、高血圧の患者にも投与され血中の脂質低下作用があることが確認されています。大豆などの主要成分の一つで長期に渡って摂取すると肥満体質が改善されるといわれています。また抗癌作用もあり組織培養したガン細胞にサポニンをかけたところ細胞が正常化したことも実験で確認されています。

「結局は他の食品でも代用ができるのでは?」と考えた人もいるでしょう。こんなに栄養素が豊富ですが他の食品でも一応代用ができます。
(水溶性リグニンはちょっと見当たらないけど。)
でも献立が大変だし、お茶だと手軽だし、塊を買えば1杯10円〜30円程度だしで私はカバノアナタケに頼りきっています。

スポンサードリンク