カバノアナタケ的生活>カバノアナタケの医学会における位置

カバノアナタケは医学会の救世主?
カバノアナタケは医学会で何と呼ばれているのでしょう?

カバノアナタケって?
カバノアナタケの医学会における位置
カバノアナタケの成分
カバノアナタケの裏話
私的カバノアナタケの購入ポイント
カバノアナタケ効果実例
リンク集

スポンサードリンク

アダプトゲン

<免疫療法という西洋医学にとっての新しい道>

近年、西洋医学の中で漢方などの東洋医学などの考え方にあった免疫療法(アダプトゲン)という新しい治療法が注目されるようになりました。
カバノアナタケは医学会ではアダプトゲンと云われています。

アダプトゲンの定義

  1. 副作用がない
  2. 作用が特定の臓器に限定されない
  3. 人体の正常化作用がある

これらの条件を備えた治療薬がアダプトゲンです。

TOPICS〜ガン

人間の体の遺伝子の変異によって起こります。人間は常に自己の持つ免疫機構によりこのガンの原因を抑制しています。しかし、年齢を重ねるにつれて免疫力が弱まり、ガンや成人病等の病気を発症します。

ガンの治療法

現在のガンの治療法として3つあります。

  1. 外科治療
  2. 放射線治療
  3. 化学療法

そして、最近加わろうとしているのが、アダプトゲンなどの免疫療法です。カバノアナタケは強い免疫力増強作用で体を病気にかかりにくくします。

今までの西洋医学では治す病気の対象を絞った対症療法の考えしかなく、原因不明の病気や不治の病と云われている病に対しては決め手となる治療法はありませんでした。アダプトゲンはその反省から生まれた概念で、免疫力を強化して根本から病気を治癒させようという考え方です。カバノアナタケはこのアダプトゲンに該当します。

スポンサードリンク